ちぃたんのお通り~♪

我が家の王子ポメラニアンの『ちぃ』と日本スピッツの草食系男子『ルイ』、その家族の日常です

三択 

気がかりな唾液腺膿腫。
抗生物質と消炎鎮痛剤を5日間処方してもらい服用したけれど変化なし。

膿腫があるのと同じ側の口の端にピロピロとしたひだのようなものが大きくできている。
これは病理検査に出さないと何かは特定できないとのこと。


今後の治療として以下の3点を提示されました。


①嚢腫を切開して中の唾液を口腔内に逃がす。
その際、口の端のピロピロした組織も腫瘍の可能性を完全には否めないので病理に出すとのこと。
ついでに歯石除去も。
かかりつけ医で手術可能。
一番リスクが少ない。

しかし再発の可能性は高い。
切開したままなので、自分で治そうとする力が働いて開いたものが閉じてしまうことも。
早い子だと一週間。

*開いたままでも痛みはないらしい。



②根本治療になる唾液腺からの切除。
ただし、他の医師に話を聞くところによるとあまりやらない手術らしい。
かかりつけ医では治療例がないためにやるとしたら大学病院を紹介してくれるとのこと。
そこの医師は唾液腺の切除を推奨している。参考資料の著者。



③何もせずに様子見。


次回診察時までにどれにするか決めることに。


まだ答えは出せないでいます。
もうすぐ12歳。
年齢的なことを考えると何度も全身麻酔の手術は厳しいよね。


何でこんなにも次から次へと・・・・泣

ただ健やかな日々を願うだけなのに・・・・



2018062101.jpeg

病院の帰り道。
お疲れちぃたん。



スポンサーサイト
| トラックバック(-) | CM(0)

10日 

ちょっと泣き言なので、気持ちが暗くなるかも。
それでも良ければお付き合いください。


ルイが旅立って10日。

仕事から帰宅したパパは、「帰り道のあちこちにルイの面影がいる」って言ってたけど、
初七日を過ぎたらそれがなくなったって。

でもまだ朝ご飯のときはいるらしい。
食いしん坊だったからね。(^-^;)


私も買い物に出かけると、商品を見ては、
「これ、ルイたんが好きだったなぁ」
って、商品見ても泣く日々がようやく少し落ち着いてきました。

でもまだ毎日のように頂くお悔やみのお言葉にまた涙。。。

愛されてたんだなぁと皆さんの思いに本当に感謝です。


昨日もスイカを食べたんだけど、ルイも好きだったなぁ・・・と。
もっともっと食べさせたかった。
リンゴやスイカをあげると、「シャクシャクシャク・・・」ってすごくいい音をさせて食べたの。

犬って好きなものは丸飲みっていうけど、全てには当てはまらないんだと実感。
ルイは噛めばおいしい果汁が出る事を知ってたと思うもん。
だからどんなに小さなかけらでも、必ずいい音をして食べてたの。

ちぃは丸のみです。
だから小さくしてあげないと窒息しそうになってます。怖っ!


たった10歳で旅立たせてしまったことが悔やまれてならないです。
お顔も全く衰えていなくて毛並みも毛足は長くなかったけど密集度がすごくて立派でした。

いつもぴったりくっついている子だったので寂しさはまだ埋められません。
存在はすごく大きかったです。。。





20180620.jpg

スイカを見つめるちぃたん。

胸毛がガビガビ。(^-^;)
これでも4時間前にブラッシングしたばかり。

一文字眉毛は健在だけど、
垂れ目になって老けたなぁとしみじみ。
でもそれがまた可愛い。(*´∀`*)





| トラックバック(-) | CM(1)

気がかりなこと 

ルイが旅立ってまだ1週間経ってないのに今度はちぃに気になるところが…

口の中に何かできてる…

かなりの食いしん坊なので口の中の疾患は辛すぎる。

という事で、気が付いた時はまだ病院の受付時間だったので急いで受診してきました。



2018061603.jpg


結果は、唾液腺嚢腫
腫瘍ではないけど厄介な病気。


あまり外科的処置はしないそう。
まずは内服薬で経過観察。



ちぃに依存していたルイだけに、寂しさから呼んだの?なんて疑ってしまった。

薬で落ち着く子は4割だそう。
酷くならずに済むよう願ってやまない。




| トラックバック(-) | コメント(-)

お供え 

2018061505.jpg


毎日、お花が届き皆様のお気持ちに本当に感謝です。
ルイたんの周りがすごく華やぎました。

お花に囲まれて嬉しそうにしている笑顔が目に浮かびます。
どうもありがとうございました。




頂いたお花を飾る場所を追加するためにいろいろと作業をしていたらやっぱりお邪魔虫がやってきました。


2018061503.jpg

ちぃたんはダメだよ。



2018061502.jpg

ルイたんと一緒にいたいの?




お供えといえば、ルイのために供えてあった食べ物がいつの間にかなくなってました。
きっとルイの鼻に皺が寄ってたと思います。

ちょっと場所を考えないとな・・・




| トラックバック(-) | CM(2)

小さくなって帰宅 

昨日、葬儀を済ませ収骨もしてきました。
さすがに棺を炉に納めた時は号泣したけど、収骨は意外とルイの存在を想いながら行うことができました。



2018061407.jpg


沢山お花をいただきありがとうございました。
お花に囲まれてルイも喜んでいると思います。
私自身も想いが込められたお花達に癒されています。


最期はすごく苦しかったはずなのに穏やかに寝てるかのようなお顔で、
まだ時々ヒクヒクってお鼻が動くんじゃないかと思うほど。


2日間家で過ごしたから、無事に引き渡せてちょっとほっとした思いもあるかも。
昨日は疲れがどっと出て早い時間からウトウト…

ちゃんと弔うことができてちょっと前向きになれました。



ルイがいなくなってからのちぃたんの変化はちょっと甘えん坊が増したかな。
お留守番が独りぼっちになっちゃったもんね。


2018061405.jpg

昨日今日の写真じゃないけどこんな感じであまあま顔をします。
それにしても胸毛がばっちぃ・・・



あまあまといえばルイたんの画像も。

2018061406.jpg
随分前の画像です。

ソファにもたれて床へ座る私にぴったりくっついて寝るルイたん。

このあと、ちぃが割り込んできて露骨に嫌な顔をしてたっけ。



棺にルイを納めたら、ちぃがキューキュー鳴くの。
何度も 「ルイが入ってるんだよ」 って抱っこして見せてもキューキュー。

これはやっちゃダメだろと思いつつ、
仕方なく一緒に入れてあげたら納得したのかそのあとは静かになりました。

何だったのかな?
元々箱好きで箱があれば入りたがる子だったけど鳴くほどじゃないし。
ルイが見えなくなったからなのかなぁ?
普段、絡む事もほとんどないのにね。
不思議な行動でした。









| トラックバック(-) | CM(0)

ありがとうございました 

ひっそりと自己満足に綴っていたワンコとの生活なのに、
たくさんの方からコメントやメール、SNSなどで
お悔やみのお言葉を頂き、もう感謝してもしきれない思いです。

お一人お一人にお返事をしなくてはと思ってはいるのですが、
今はまだ余裕が持てずここでのお返事で申し訳ありません。

皆さんに偲んで頂けてルイも私も、私の家族も本当にありがたく思っています。
心より感謝いたします。

図々しいですが、ルイの笑顔、おっとりした性格など
何かの折にでも時々思い出していただけたら幸いです。


今日、ルイの写真を探してたけどこれっていう一枚が選べませんでした。
可愛くて愛おしい姿がたくさん。 ハイ、親ばかです。


時々その写真を挟み込みながら、心の中を綴っていくので、
お時間がありましたら覗いていってください。

本文と写真の関連はないです。



*********************


2018061209.jpg
桜ネックレスにて



毎朝のルーティーンが変わって戸惑うばかり。
すごく良い子で大人しいイメージだったから、全然手がかかってなかったように思えるけど
意外と存在感のアピールはルイのが多かったかも。



2018061205.jpg
上中町のしだれ桃を見に行ったとき



事あるごとにお庭に出たがったルイ。
出ても用を足すとすぐに玄関の扉に張り付いて中に入りたがるんだけど。


「お洗濯物干しに行こう」
「洗濯取り込まなきゃ」
でいち早く玄関でスタンバイ。



2018061203.jpg
近所の桜並木



「二階行こうか」
「お風呂行くよ」
この言葉を聞くといやぁな顔をして身を固くし重くて簡単には持ち上げられないようにする。こなきじじぃ技!
そのあと前足でパンチの応酬。



2018061202.jpg
浜名湖SA




結構すぐに心が顔に表れるタイプで
嫌なことは露骨に嫌な顔をする子だった。
ちぃよりこれは顕著。



2018061201.jpg
羊毛すずちゃんと



作り笑いと心から嬉しいときの笑顔が違ってた。
「笑って~」って言うと笑ってくれたけど、心から楽しいわけじゃないもんね。



2018061204.jpg
左からちぃ、すずちゃん、ぴぃちゃん、ルイ



本当に賢い子だった。
パパが帰ってくると嬉しくてワンワンしちゃうから、
帰ってきた音が聞こえないようによく私から耳と目を塞がれてた。
その手を払いのけて怒ればいいのに、一生懸命逃れようと首を上下に動かしてたなぁ。

パパが大好きだったね。



2018061207.jpg
可睡ゆりの園にて対照的な2匹



ちぃに依存しているルイたん、
ちぃの具合が悪いと不安そうな顔して、私の側にピッタリ座ってちぃの様子を見てた。

ちぃといつも同じところにいないと気が済まなくて、
ちぃだけ外に出ているとずっと唸ってた。

「ちぃが先に逝ったらルイ大変かもね。」
なんて言ってたから。「心配しなくていいよ」って思いから先に旅立っちゃったのかな。。。



2018061212.jpg
左からぴぃちゃん、すずちゃん、ルイ、ちぃ。超凸凹



おやつをちぃだけ食べると、僕のは?僕のは?って必死でアピール。
食いしん坊だったね。
お空に行くときいっぱいおやつを持たせてあげるね。
でもちぃと違って自分では袋が破れないからちゃんと袋から出してあげなくっちゃ。



2018061208.jpg
茶臼山ドッグランにて



今朝ね、空になったプレーンヨーグルトのカップを半分に切ったとき、
一つをちぃにあげてもう一つの行き場に困った。



2018061206.jpg
緑化センター



ルイ、ハグ~ができなくなったよ。。。
お顔が近づくから怖いのか、ちょっと戸惑い気味だったけど、
「ルイたん、ハグ~しよ」
で毎日ほっぺを合わせてハグした。



2018061211.jpg
ほわっ子パーティにて。瓜二つのミント君と



ルイの存在は身体と同等、大きかった。

エリの時は別れが恐怖で仕方なかったけど、
ルイは考えられないままその時が来てしまった。

あまりの苦しみように、「ママは大丈夫だから、苦しかったらいいよ」って言っちゃったの。
仕方なかった・・・



2018061210.jpg
モリコロパークにて



亡くなって丸一日経っても鼻から出血してます。
内臓から出血してたんでしょうね。
でも既にガンが蝕んでたし、もう手術もできなかっただろうからどうしようもなかった。



2018061213.jpg
滝カフェにて


一緒にいられて幸せな時間をたくさん貰った。



2018061214.jpg
蟹江町JRハイキングにて


我が家に来てくれてありがとう。






**************


長文及び勝手な思いを読んでくださりありがとうございました。







| トラックバック(-) | CM(2)

良い子 

スマホにメモ書きしていたのをUPします。

6/10 23:30

かなり苦しそう。こんな状態は可哀想過ぎる。
安楽死っていう言葉がずっと頭から離れない。
でも…


念の為、冷凍庫に水を入れたペットボトルを入れられるだけ入れた。



6/11 0:30

嘔吐
昼食べたものが未消化で出てきた。


この日は一緒に寝ることに。

寝てても苦しいのか時々身体を起こす。
その度に、私を見つめるので、

「大好きだよ。お利口だね。良い子だね。」
「頑張ってるね。苦しいよね。ごめんね。」

と声をかけ撫で続けるとまた横になる。

2時半頃まで何度も繰り返してたけど、
その後私がうとうとしてしまった。

ふと目を覚ましたら息遣いが聞こえない。



3:20 永眠確認

一人で逝ってしまいました。




最期まで良い子でした。


途中途中は焦点の合わない本当に辛そうな顔だったのに最後は優しい目をしてた。
「大好きだよ」って撫でてあげると苦しいのに満足そうな顔をした。

最期の顔っていつまでも記憶に残る。
辛い顔じゃなく優しいお顔を記憶に残してくれた。
本当に良い子。



********




20180611045158e17.jpg


10年の生涯でした。
可愛がってくださった方、応援し励ましてくださった方々、
ブログでルイの姿を見てくださった方々、
本当にありがとうございました。


5/31からあっという間の出来事でした。
回復すると信じてましたが残念な結果に。

我が家に来てくれて幸せだったのかな。


兄弟犬の中で2番目に旅立つことになってしまったけど、
みんなルイの分まで長く健やかに楽しい日々を過ごしてほしい。

そして闘病しているお友達ワンコさんも、1日も長く穏やかに過ごせるように願ってます。

どうもありがとうございました。



2018061101.jpg









| トラックバック(-) | CM(12)

急激に悪化 

6/10(日)

昼すぎからあっという間に具合が悪くなってしまった。

それでも夕方まではなんとか、大好きなパンや薬を仕込んだチーズは食べてくれた。

でも19時近く、レバーを焼いてあげて口元に持って行ってももう食べない。

パンも食べず・・・

ルイのそばに置いておいたらちぃが盗み食いした。
いつまでも舐めて側にいるちぃにルイが唸る。

辛いから来ないで!って感じなのかなぁ。

ちぃは全く動じてないから強制退去。



21時頃、起き上がって水を飲んだので、ついでにトイレのために庭に出した。
しばらく動かずにじっとしてたけど、ふらふらと歩き出した。

どこかで用を足すのかと思ったら、サクランボの木の下に潜り込んでしまった。
この場所は鬱蒼としていて人間は入り込めない。

朝も同じ行動をとったの。
もう自分で最期の場所を決めたのかもしれない・・・・


現在22時

ずっと目を開けたまま荒い呼吸で横たわっている。

突然ムクッと身体を起す。

あまり反応はないけれど、
「パパは?パパもいるよ」と声をかけてパパが呼びかけると視線をパパに向ける。

まだ意識はある。

苦しそうにしているのに、その苦しみを軽減させてあげることができなくて謝ることしかできない・・・





| トラックバック(-) | CM(6)

午前中公園へ 

DfSkrzfUwAA7s4s.jpg

午前中、お天気がもったので車で15分ほどの隣の市の大好きな公園へ。



今日はお昼ご飯を初めて残した。

食欲があるのが救いだったのにそれまで絶たれてしまうのはすごく恐怖。

もう足を上げて用を足すこともできなくなった。

食事も寝たまま。

昨日はまだ公園で数歩、歩けたけど、今日はもう倒れこんでしまった。

呼吸も荒い。

たまに起き上がって顔を見つめるから。
声をかけて撫でてあげるとまたぐったりと横たわる・・・


今日は「薬をどうお出しすれば良いですか?」って聞かれたの。

今までは三日分頂いていた。
毎日来てるから一日分ずつでも良いと仰っていただいたんだけど・・・

言葉の裏を読み取れば、三日分は無駄になるかもしれないって事?
なんて思ってしまう。


お昼にね、お水を飲んだルイたん。

ふと見たら水の器の上にお顔を置いたまま寝てた。
ひっくり返さなくて良かった。




DfSkrzdVQAArqf4.jpg


喜怒哀楽の激しいちぃに救われてます。










| トラックバック(-) | CM(0)

大好きな公園 

| トラックバック(-) | CM(0)
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ちぇこ

Author:ちぇこ
☆我が家のワンコ紹介☆

<ちぃ> ポメラニアン
2006年8月30日生 男の子

<ルイ> 日本スピッツ
2018年6月11日 10歳で虹の橋へ


<エリ> 日本スピッツ
2008年4月24日 16歳で虹の橋へ

Eli's House~羊毛制作日記
pome1.jpg
別館、羊毛制作専用ブログです。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
いつでも里親募集中
リンク
いくつになったの
天気予報
RSSフィード
QRコード
QRコード